INFORMATION

Customer’s voice

お客様の声

これはあくまで個人的な見解なのですが毎日接客をさせて頂いておりまして、ワタクシ「皆様の実際の行動」と「リサーチやお客様のご要望」は必ずしも一致していないと感じております。
例えば「1着15万円のオーダースーツが必要ですか?」とお聞きしましたら「必要」とおっしゃる方がどれだけいらっしゃるでしょうか?
しかし実際に私共ではゼニアをはじめとするハイクラスメンズスーツをお買い上げ頂いているのでございます。

「お客様の声とか載せないの?」 「実例もあった方がいいよ!」と以前から言われていたのですが最近「サボってるの?」とまで言われてしまい・・・掲載を決定致しました!
最初は「お客様の声」を一言づつ掲載させて頂こうかとも考えたのですがたくさんありすぎても・・・と考え直しまして「ゼニア中毒」の皆様を厳選させて頂いて広く浅くではなくなるべく深くご紹介させて頂きます!

New VOICE

四人目は埼玉県さいたま市からご来店のごく普通の40才の会社員・河本知浩様でございます

四人目は埼玉県さいたま市からご来店のごく普通の40才の会社員・河本知浩様でございます
四人目は埼玉県さいたま市からご来店のごく普通の40才の会社員・河本知浩様でございます
四人目は埼玉県さいたま市からご来店のごく普通の40才の会社員・河本知浩様でございます

私共のお店は埼玉県入間市にございますが、おかげ様で都内・横浜方面からもご来店頂いております。そして埼玉県内からですと、県内では最大の都市「さいたま市」からも少なからずご来店頂いております。遠方よりご来店頂ける私共は、本当にお客様に恵まれているのだと思います。
さてインタビューの4人目は、普段のビジネスシーンではスーツスタイルよりもジャケパンスタイルでいらっしゃることの多い河本様でございます。明るめのカラーを上手に着こなしていらっしゃいますね。カラーコーディネートについてもワタクシいろいろ伺ってみたいと思います!

私は仕事ではスーツはあまり着用しないのですが、かと言ってカジュアル過ぎるスタイルも人としての見識を疑われかねますので、最近はもっぱらジャケパンスタイルです。以前から比較的明るめのカラーが好きなのですが、最近感じるのは”感性って生まれもってのものではなくて場数を踏みながら磨かれるのかな”ということです。私はまだまだ未熟者なので、もっと感性に磨きをかけるためにもバルコンさんでジャケットをオーダーしないといけませんね(笑)

河本様ありがとうございます。見た目同様大変控えめな方でございます。ワタクシもその姿勢を見習わないと(汗)。「外見は内面の一番外側である」と以前伺ったことがございますが、美しいカラーを着こなすには美し心が宿っていないといけないのかも・・・。ワタクシ心が汚れていそうでございますので、外側から内側をきれいにしようかな??
それでは河本様との一問一答でございます!

まず多くのオーダースーツ店の中から私共をお選び頂いた理由を伺えますでしょうか?

少し偉そうな言い方になりますが、ホームページを見た時 ”あぁこのお店はスーツに強い思い入れがあるんだな” と感じたからです。確かリニューアル前のホームページは今よりももっとページがたくさんありましたよね?

はい。河本様のおっしゃる通りリニューアル前のサイトは写真も少なく、文字ばかりで、ページ数もたくさんあって・・・、”お伝えしたい”という思いが強すぎるサイトでしございましたね。今でも十分ゴチャゴチャして書いておりますけど・・・。

でもこういう切り口の提案をしているお店は他になかったので ”行ってみたいな” と思ったのを覚えています。

そう言って頂けますと嬉しいです。キレイな商品写真をドーンと載せて、見せ筋のプライスを大きく書いて、背景写真をゴージャスにそれらしく作ってもらうこともできたのですが、それではその商品がいくらで買えるかという情報が載っているだけで価値が全く伝わらないと思いました。ただあまりにも文章が多すぎてリニューアルさせて頂いたんですけど・・・。

私はあのままでも良かったと思いますよ!

河本様はお優しいのでワタクシいい気にならないよう次の話題に移らせて頂きます・・・。実際にご来店頂きまして毎回欲しい生地に出会えておりますでしょうか?

出会えていますよ。私も以前は漠然と ”今回はこういう色が欲しいなぁ” と頭に思い描きながらお店に伺っていたのですが、今は ”ゼニアかカノニコの最新生地から選べばOK” に変わりましたので必ず出会えます(笑)

そうなんです!以前は私共もたくさんの生地・ブランドをお取り扱い致しておりましたためか、”こういう感じの色柄が欲しいんだけど”とご相談頂きました際に、仮にとても似通ったものが見つかっても、”もっと他にあるんじゃないか”と考えてしまわれる方が多かったのですが、お取り扱いブランドを絞らせて頂いてからは、”これが今シーズンのこのブランドのオススメ生地なんだね”とおっしゃって頂け、皆様にも愉しくセレクトして頂けるようになりました。

買う側からしても確かにたくさん生地があればいいってものでもないですよね。柴田さんからは高品質な生地への執着というか執念を感じますから、提案してもらう側も安心です。

ありがたいお言葉でございます。ワタクシ”超一流品をリーズナブルに”をコンセプトに致しておりますため、クオリティとプライスには僭越ながらこだわりを持っております。自分が欲しくもないものは皆様にご提案できませんからね。

柴田さんは売れれば何でもいいやではないんですよね。そこがいいところでいつも来ているんです。

なんだかワタクシ河本様に持ち上げられていい気になっております・・・。これでは逆ですよ。それではご来店をご検討頂いております方へのアドバイスなども頂けますでしょうか

そうですね。私も初めてジャケットをオーダーしようと思った時、いろいろなサイトを比較しました。値段とかブランドとか仕立てとか。安いところも高いところもありましたが、ここは値段と品質だけではなく相談してもちゃんと聞いてくれそうだと思いました。たぶんここなら嫌な思いはしないかなと。

そうだったんですか?ゼニアをお求めになられてご来店頂いたのだとばかり思っていました。それで・・・、初来店の時嫌な思いはされませんでしたか?(ドキドキ)

大丈夫でしたよ。最初からゆっくりのんびりのペースでしたよね。急かされることも一切なかったですし、売り込まれることもありませんでした。サイトに書いてあることにウソもありませんでした。

そう言って頂けますとホッと致します。ワタクシ常に心掛けておりますことは、サイトに誇大な表現はしないということでございます。私共にご来店頂いております皆様はなぜか数字に強い職業方々が多いため、曖昧な表現や論理的な裏付けのないことなどは敬遠されます。要は小手先のテクニックが通用しない方ばかりでございますため、ワタクシもシンプルに誠実にご提案させて頂かないと相手にされないということなのでございます。

それで ”支払金額が予定より高くなってしまった” ということがないんですね!

でもゼニアは特に中毒性が高いので ”こんな世界を知ってしまったら元へは戻れない・・・。どうしてくれるんだ・・・。” というご批判は年中頂いております(笑)。

私もそう思います(笑)。柴田さんもよく ”一目見てスゴイって分からないものはちょっと・・・” と言っていますよね。これブランド物なんだけどって説明しないと気づかれないって、その程度のものなのかもしれませんよね。本物は誰にでも分かりやすい(笑)。

何だか河本様とお話しさせて頂いておりますとワタクシ調子に乗ってしまいまして話がまとまりません(笑)。最後に一言願いできますでしょうか。

このお店では激安とか格安とかそういう表現の仕方は今まで見たことがありませんし、実際に1万円でスーツやジャケットを作れるお店でもありません。でもすごく品質の良いものを安く買うにはオススメかなと私は思います。

本当はもっとたくさんお話ししておりますが、とても全ては載せられなそうなのでワタクシが一部だけ抜粋して掲載させて頂きました。
もしかしますと今後河本様と相談して記事の差し替えをさせて頂くかもしれません。どうぞお楽しみに!

Self-introduction

自己紹介

自己紹介

僭越ではございますが私の自己紹介もさせて頂きます。バルコン入間店 柴田哲也と申します。
さて今からおよそ20年近く前、私は大学に通いながら洋服学校に通っておりました。(余談ですが学校は新宿と八王子でなんと昼間・昼間のダブルスクールでした。今考えるとよくできたなと思います)洋服学校で採寸・製図・裁断・縫製等の基礎を学びこの業界に入りました。以来多くのお客様に見守られ、育てて頂きながら営業させて頂いております。

最近私が心がけていることは、仕事をする以前にまず人として誠実でありたいということです。実は私、以前は売り上げを上げたくて品揃えをしておりました・・・。しかし今は違います。皆様がスーツという「モノ」を求めている訳ではないと気づいてから、皆様に喜んで頂けるよう私自身が変わりました。
スーツの存在意義は単に仕事着というだけではございません。それをお召しになる方が心豊かに、喜びを感じられるものでなければならないと考えております。その為に必要なのが、良い素材とジャストフィットの技術、そしてエレガントなフォルムです。スーツのお仕立ての先にあるのは皆様の幸せ。それを実現するためのご提案させて頂きたいと思っております。

また皆様の貴重な時間を割いてご来店頂くわけですから、素材に込めた作り手の想いや開発までの苦労、ようやくたどり着いた素材の肝などぱっと見ただけでは分からない価値を少しだけ丁寧にお伝えしていければと考えております。
最近は素材やブランドのポリシーに共感頂き、オシャレに目覚める方も増えてきております。私共のお客様にもスーツを実に「セクシー」に着こなしている方がいらっしゃいます。(もちろん男性ですよ)
濃紺のスーツに柔らかな薄ピンクのシャツ。厚みのある腕時計に丁寧にウエーブのかかったヘアスタイル。そしてかっちりとした黒いバック。堅さと柔らかさ、強さと繊細さが絶妙なバランスを保っています。相反するものが共存し凜とたたずんでいる様を見ると人は「セクシー」だと感じることが多いようです。

最後でございますが、最近私が気をつけていることでございます。今までの反省も含めまして、ここのところ私は少し俯瞰して自らを省みるように心がけております。

  • ゆっくり話すこと話すスピードが速く、テンポ良くお話しするよりも言葉を選んでしっかりとお話しすること。
  • 控えめにすること耳障りの良い文句を並べるのではなく、求められればキチンとお応えできるようにすること。
  • 明るすぎないことテンションが高い方が良いような風潮もありますが、明る過ぎて息苦しくならないように節度を持つこと。

以上の3つでございます。もし早口で、出しゃばりで、元気過ぎる際には遠慮なくお叱り頂けたらありがたいです。
スーツとは本来「キレイ」と感じ、着用を「楽しむもの」であり、そこには笑顔があり幸せをもたらすべきものだと思います。今後とも皆様がくつろげ元気になれるお店を目指してまいりたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Newsletter

お便りからの抜粋

私共ではお得意様の皆様に毎月1回封書でラブレター(DM)をお送りさせて頂いております。最近「毎月コツコツ出しているんだから、ホームページも一生懸命やっているなら掲載してみれば!」と言われたため一部を抜粋して掲載させて頂きます。掲載の理由は・・・、コツコツやっているアピールです!

New NEWSLETTER

2020年10月のニュースレターからの抜粋(一部書き換えております)

朝晩はめっきり涼しくなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は早朝ジョギングを始め20ヶ月目に入りました。朝陽に映える遠くの山並みを眺め、頬を伝う爽やかな風を感じながらのんびりと走っております。走っている時はゴチャゴチャ考えないので自然と我に返ることができます。今年の冬はラニーニャ現象で3年前と同じ極寒になりそうですがサボらずに継続したいと思います。

 

さて私共のお得意様には旅行が趣味の方も少なくありません。おかげ様で私共ではいわゆる社会的地位が高い方々にも少なからずご来店を賜っておりますが、私ごときが何をお話しさせて頂いているかと申しますと、ほとんど旅行の話かもしれません…。現地での食事に加えフライトの話題になることも少なくないのですが、先日も航空券の儲けの8割以上が座席数の少ないビジネス・ファーストによるものだと伺いました。それならば「ファーストを増やせばもっと伸びますよね」と申し上げましたところ、ファーストは維持費が莫大なためコストが合わないのだそうです(そういえばloungeも別格ですよね)。こういうお話を伺うにつけ何事もバランスが大切なんだなぁと感じます。なんでも仕事に結び付けて考えるのは良くないのかもしれませんが・・・

 

そういえばおかげ様で 私共ではいつの間にか完全にご予約でのご案内となりました。ご多用の皆様にお手数をお掛け致しておりますことをお詫び申し上げますと共に、改めまして深く御礼申し上げます。完全予約となり何より変わったのは私の疲労感でございます。 (中略) ただおかげ様でこうしてスムーズに予約制に移行できましたのも、普段からスケジュール管理を徹底されている方が多いからこそなのだとも感じます。例えば私共ではご注文時に確実なお仕上がり日を手帳に記入される方も少なくありません。僭越ではございますが私もゴールから遡って考える思考方法は大好きでございます。私は目的合理性などとは無縁に見られることも多いようで、「喋っていればいいんでしょ」「口から生まれてきたんじゃないの」などと伺うこともございますが、たまには科学的に考えることもございます…。人の本質(資質?)って意外と分からないものなのかもしれませんね。

 

・・・そう言われましても私共お客様が一流なのであって、私自身は無能でございますので何とも答えようがございません。ただ目の前の数字、短期的な数値だけを見て一喜一憂しないように心掛けているとは伝えております。長い時間軸で物事を捉えると申しますか、ゴールから逆算して今は追い風なんだ、今は踊り場なんだと俯瞰して見るようにはしております。いつでも平熱でいられるように良いことがあった時に熱を出し過ぎたり、思い通りにいかなかった時に熱が下がり過ぎないように努めてはおりますが…。もちろん人と接する時には心の活気を総動員すると申しますか敢えて前のめり気味にはしておりますが・・・

Style

スタイル / ビック & トール

オーダースーツは「ジャストフィット」だけが目的ではなく「シャープなシルエット」でスマートに着こなすことも大きな目的の一つでございます。私共では常にモードの最先端を追い求めていきたいと考えております。(オーソドックスなスタイルも得意ですけど・・・)

まずは現在のフィッティングトレンドを簡単にご説明させて頂きます。

ジャケット丈
従来より1~2㎝短い位が今のバランスです。
袖丈
シャツが1㎝位出る位が理想です。上着の袖口を汚さないことが理由です。
肩幅
肩線にピッタリ合わせます。または肩線より1㎝位内側に入る位がキレイです。
ウエストライン
適度に、でもしっかりと腰のラインが出るように絞るとメリハリが出ます。
パンツ丈
ノークッションも人気ですが少なくともハーフクッション位が理想です。
裾巾
裾に向かってテーパードしさらに膝巾も細身が今の着方です。短めで仕上げるとブーツにも相性抜群です。

以上、主な点をざっと書き出してみました。
それでは私共で人気のモデルを中心にご紹介をさせて頂きます!

Suit Styles
当店人気の3モデル

No.1
STYLE
モーダ・クラシコ
モーダ・クラシコ

当店人気No.1モデルです。クラシコモデルよりフィット感を持たせたモデル。ハイウエストの2つボタンをメインに、3つボタンには上2つ掛け、中1つ掛け、段返りの3デザインをご用意。肩のラインもモードを意識したストレートショルダーになっています。チェンジポケットを付ける方もいらっしゃいます。

No.2
STYLE
モーダ・エレガンツァ
モーダ・エレガンツァ

高めのゴ―ジラインや細身のラペル、やや低めのボタン位置に立体的なボディーラインと現代のトレンドをほど良く取り入れたニューモードのスタイルです。上着のシャープなシルエットに合わせてパンツのラインをつなぎます。脚をさらに長く見せることができます。

※写真はダブル仕様です。

No.3
STYLE
ブリティシュトラッド
ブリティシュトラッド

トラディッショナルとブリティッシュがうまく融合した新しいモデルです。ウエストをシャープにシェイプし、ゴ―ジラインとウエストラインを高く設定しております。 あくまでも着やすいナチュラルショルダーはトラディッショナルでありながら、ディティールとシルエットで今日的な英国調を表現しております。

Others
その他のモデル

ネオ・クラシコ
ネオ・クラシコ

端正なフォルムと快適な着心地が融合した大人の為の上質スタイルです。やや細身のすっきりとしたシルエットが体に自然なフィット感を生みだします。これはネオクラシコが従来のブリティッシュベースではなく、アメトラベースだからこそなせるワザです。 例えば、肩パットのないドロップショルダー風のライン、フィット感を追求した大きすぎないアームホール。随所に匠の技が施された自信作です。コーディネート次第でオン・オフを問わずに幅広いスタイリングが可能です。

インターナショナル
インターナショナル

最もオーソドックスなモデルです。ウエストの緩やかな絞り、ナチュラルで機能美のあるシルエットが安心感を覚えます。タイトなフォルムが流行している現在も、またダブルのソフトスーツが流行していた時代にも、流行や体型に左右されることなく必ず必要とされてきたモデルです。

ネオ・クラシコ
新アメリカン
トラディッショナル

ナチュラルショルダーにノーダーツ。3つボタン段返りに7ミリステッチ。時代が変わっても大きくシルエット、ディティールが変わらない。その普遍的なスタイルこそ確固たる大人のこだわりのモデルです。現在のシャープなシルエットに飽き足らない方にもオススメのモデルです。

※写真はダブル仕様です。

Big & Tall
ビック&トール 大きなサイズのシャープなシルエット

元横綱もお客様!

ウエスト120㎝・身長2mまで割増し不要!
120㎝・2mを超える場合でも割増しは15%のみ!(ゼニア・カノニコ等除外品もございます)

私共の看板メニューの一つに『ビック&トール』がございます。この『ビック&トール』は売り上げを上げたくてお出ししているわけではございません。(使用する生地の量を考えますと採算ベースでは・・・。)
お出ししている理由はただ一つ、皆様の喜ぶお顔が見たいからでございます。シャープなフォルムに身を包むと皆様スマートに、そしてエレガントに見えます。

もともと私共では大きめのサイズのスーツのご注文は年中頂いておりましたので得意でございました。例えば身長190㎝を超える方、股下が90㎝を超える方、ウエストが150㎝を超える方等に口コミやご紹介により安定してご来店頂いておりました。
しかしホームページ開設後はありがたいことに遠方よりご来店頂く方がとても多くなりましたため、ここで改めてご案内させて頂くこととなりました。

まず気になる価格でございますが、ウエスト120㎝・身長2mまではスーツお仕立て上りは通常サイズと同じ43,780円からでございます。そしてウエスト120㎝・身長2mを超える場合でも15%増しの税込50,347円からお仕立て頂けます。
私共はコンセプトと致しまして価格を売りにしているお店とは一線を画しておりますが、この『ビック&トール』の大きめのサイズのスーツに関しましては超お値打ちを自負致しております。

また最大のポイントでございますシャープなシルエットでございますが、これは採寸・体型補正の際に試着して頂くゲージ服(採寸用仮縫い服)をバスト150㎝・ウエスト150㎝用までシャープなラインでご用意することによりイメージを掴みやすく致しております。
たまに「これこのまま貰うよ!」などと言われることもございます。(実際はきちんとお仕立てしますけど)
店内の多くの生地で対応させて頂けますが、一部特別ご提供品をはじめ対応できない生地もございますのでご了承下さいませ。

Tailoring

お仕立てランク / オプション

N仕立て

ハイクラスなお仕立てを原則オプション料金なしで一通り備えております。
例えば仕様面では、お台場仕立て・AMFステッチ・本切羽・チェンジポケット等他店ではオプション代金がかかるような仕様も標準でございます。
他にも、上着ではピンポイントステッチ・ダブルステッチ・袖口スナップ・袖口ファスナー・モミ玉チケポケット・チェンジポケット・タバコポケット・携帯電話ポケット・腰忍びポケット・ペン刺し等がセレクトでき、パンツでも脇ステッチ・ウオッチポケット・忍びポケット・総裏等がセレクトできます。
また素材面では芯にはバス増芯毛芯、袖裏にはキュプラを使用し、袋地等の附属にも高品質な素材を使用致します。さらに縫製面では上着の袖ぐりに夏場の汗による輪ジミを防ぐ汗取りパットを付け、パンツの袋地にも見栄えと物が落ちないよう実用性も備えたパイピング処理を施す等、手間を惜しまず工程数を増やしハイクラスオーダースーツの名に恥じないお仕立てとなっております。
もちろん全てが標準という訳にはまいりませんが、そのクオリティの高さから最も人気のお仕立てでございます。

N仕立て
N仕立て
N仕立て

B仕立て

標準的なお仕立てランクとなります。BusinessのBをとりB仕立てと名付けられております。N仕立てと比べますと使用する素材や縫製の工程数が異なりオプションも有料のものが増えてまいりますが、素材面ではクリーニング等ではヨレヨレになりにくいような芯地を使用するなど高級オーダースーツとしての基本はしっかりと押さえられております。またボタン31種類・裏地30種類からセレクトできる等、オーダースーツを仕立てる喜びにも満ち溢れております。

B仕立て
B仕立て
B仕立て

Options
オプションは『少しだけ』が魅力

オプションはシンプルなビジネススーツに「水牛ボタン」や「柄裏地」等を「ちょっとだけ」がたまりません。濃紺のスーツに一カ所だけブルーのボタンホールを合わせたらさぞオシャレだろうと考えたりします。チェンジポケット等デザイン性の高いものは会う人によって調整したいし、本開き等は本当に使用するシーンに遭遇するかもしれません。そんな思いの全てに私共はお応えしてまいりたいと考えております。普通のスーツに寄り添ってくれる素敵なオプションをご提案させて頂きます。

ボタン
ボタン

水牛・本革・ナット・シェルなど100種類以上ご用意致しております。
スーツ用1セット 税込3.500円よりとプライスも大変お値打ちになりましたのでぜひセンス良くセレクトして頂けたらと思います。

裏地
裏地

キュプラ素材を中心に税込5.000円より100種類以上ご用意致しております。
ボタン以上にセンスが問われるかもしれません。皆様とても楽しそうにセレクトされております。

お台場
本台場

B仕立て・・・税込5.000円
N仕立て・・・標準

本切羽
本切羽

B仕立て・・・税込3.000円
N仕立て・・・無料

AMFステッチ
AMFステッチ

B仕立て・・・税込3.000円
N仕立て・・・無料

チェンジポケット
チェンジポケット

B仕立て・・・税込2.000円
N仕立て・・・無料

アジャスター
アジャスター

ウエストの変動が大きい方に。太って6㎝・痩せて6㎝、最大12㎝調整できます。

オプション代金 税込3.000円

その他のオプション

全て税込価格

ジャケットボタンホール
カラー糸(一色につき)
¥1.000
ジャケット汗取りパット ¥1.000
パンツ総裏 ¥2.000
ベスト背共地 ¥3.000

全て税込価格

ジャケット ダブル仕立て スーツ価格の5%割増
スペアパンツ スーツ価格の40%
ベスト スーツ価格の20%
サイズ割増 オリジナルのみ
ウエスト120㎝まで割増なし
(121㎝からは15%割増)

ゼニア・カノニコetcその他のブランドは、バスト110cm以上 又はウエスト100㎝以上スーツ価格の10%増し
(バスト120㎝orウエスト120㎝以上の方はご相談下さいませ)

FAQ

よくあるご質問

予約は必要なの?

4人掛けの接客テーブルが3組様分ございますが『完全予約制』とさせて頂いております。お手数をお掛け致しまして大変申し訳ございませんが、お電話にてご予約をお願い申し上げます。

  1. 04-2964-4129 にお電話を頂きますと『はい!バルコン入間店でございます!』と電話に出ます。
  2. 『予約を~』とお申し付け頂けましたら、「ご来店ご希望日時」「お名前」「お電話番号」をお伺い致します。
  3. その場で日時の確認をさせて頂きます。ご質問がないようでしたら以上で終了でございます。

甚だ勝手で申し訳ございませんが何卒宜しくお願い申し上げます。

バルコンはどの店舗に行っても同じなの?

いいえ。 バルコンは店舗ごとに運営会社が異なりますためお取り扱いブランド・ポリシー等が異なります。他のバルコン店をご来訪の際はお手数ではございますが各店のサイトをご覧頂きますようお願い申し上げます。ゼニア・カノニコはバルコン入間店単独でフルラインナップし破格のプライスにてご案内させて頂いております。

「バルコンについて」のぺージはこちら

駐車場はありますか?

はい。店舗前に3台分ございます。私共では電車でご来店頂く方が多いため、最近はほとんど店頭駐車場で賄えております。

※店頭が満車の際は隣接します「映画館」と「サイオス」の立体駐車場(計600台) をご利用下さいませ。駐車券をたっぷりとご用意させて頂いております。

「company」のページはこちら

いくらでできるのか不安・・・

私共では総額表示を致しております。生地代のみ・お仕立て代のみといった表示は致しておりませんのでご安心下さいませ。基本的なものはすべて価格に含まれておりますので、特にこだわりのオプションなどのご要望がなければ表示金額でお仕立て頂けます。例えば最もベーシックなラインですとスーツお仕上り 税込43.780円でお仕立て頂けます。

「price」のページはこちら

どういう服装で行けばいいですか?

基本的には普段着で結構でございます。シャツも私共でご用意させて頂いております。ただもしできましたらお手持ちのスーツの中からご自分のお好みに一番近いスーツをご持参(ご着用)頂けますと幸いでございます。私共もお客様のお好みを把握しやすためです。(普段お召しになられているシャツもございますとスーツの袖丈も正確に調整できますためbestでございます)

オプションをつけていくとどんどん高くなりそう・・・

私共トッピング商法は致しておりません。「最終的な支払額は結局高額になってしまった」となりませんよう〈スタンダードなライン〉に加えて、人気のオプションや仕様がひとまとめになった〈プレミアムなライン〉をリーズナブルにご案内致しております。

「お仕立てランク / オプション」のページはこちら

年齢層は?

一番多いのが40代の方々でございます。続きまして30代の方々と50代の方々がほぼ同じ位の割合。そしておかげ様で最近急激に増えております20代の方々と60代の方々にご来店頂いております。私共大学の入学式スーツや成人式スーツ・リクルートスーツも得意でございますため実際は18歳位からご注文頂いております。また80歳前後の皆様もいらっしゃいますため、年齢層も価格帯同様かなりワイドレンジでございます。

専門用語が分からない・・・

シングル・ダブル・3ピース・ラペル・お台場・本バス芯・AMFステッチ・本切羽・チェンジポケットetcちょっと思いつくだけでもたくさんの専門用語が頭に浮かびます。でも皆様には基本的に覚えて頂く必要はございません。現物をご覧頂きながら「これはいかが致しましょうか?」とご提案させて頂きますのでどうぞご安心下さいませ。

ブランド生地のサンプルブックは本当にありますか?

たまに伺うことがございます・・・。WEBサイトでは立派なサンプルブックが掲載されているのに実際に店舗を訪れますといろいろ言い訳されて、結局サンプルブックは存在しないなんてこともあるようです。私共では手元にあるものしか掲載致しませんのでどうぞご安心下さいませ。

生地を選んでと言われても・・・

私共では原則そのシーズンの新柄生地しかお取り扱い致しませんため、各ブランドやメーカーの最新生地サンプル帳からセレクトして頂きます。以前は一着分にカットされた大きな生地を展示したりたくさんのブランドやメーカーをお取り扱いしたりしておりましたが、最近はゼニア・カノニコ・ミユキproduceの最新生地をメインにご提案させて頂いております。価格帯も異なり各々特徴が明確なためセレクトに迷われて思考停止に陥る方は少なく、時間をかけながらセレクトを愉しまれる方が多いのでご安心下さいませ。

EVENTの商品ってホントに買えますか?

これもたまに伺います。朝一番で行ったのに品切れとか言葉巧みに誘導されて全く違う商品を注文したなど、あってはならないことも稀にあるようなのです。私共ではイベントは大変人気がございます。皆様を騙すようなことは決して致しませんのでご安心下さいませ。

「EVENT」のページはこちら

トレンドとかモードとかお好みのスタイルって言われても・・・

確かに最近は様々なスタイルが提案されており呼び名もたくさんございますね。私共でも全て合わせますと結構なボリュームのご提案になりそうでございますが、実際に皆様がチョイスされる人気のスタイルは3つに集約されております。3つとも店内に見本を作って並べて比較できるようにしておりますのでご安心下さいませ。バスト98㌢でお作りしておりますのでサイズの近い方は実際にご試着頂けます。

「style」のページはこちら

裏地やボタンをうまくコーディネートできるかな・・・

裏地やボタンのサンプルと生地を突き合わせながらコーディネートして頂きます。このプロセスは皆様とても愉しんでおられまして、カラーセレクトも一つのアトラクションなのだと感じます。ご自分でセレクトされますと愛着が増し所有満足感も2倍に!

採寸をどうやってするのか不安・・・

まずはビジネス用のドレスシャツを着用して頂きます。カジュアルシャツですとアームホールetcのサイズが正確ではないからです。バスト・ウエスト・ヒップ等の寸法を測りパンツから実際に試着して頂きます。何本か履き替えるうちに感性にマッチするラインと出会いましたら、それを元にさらに詳細にサイズを測り体型補正を加えてまいります。お好みが人それぞれ大きく異なりますので、必ず「ここはどう致しますか?」など伺いながら行いますのでご安心下さいませ。ジャケットの採寸もパンツと同じように行います。時間は20~30分前後を要します。特に一着目はお好みを把握しながらの採寸となりますため長めとなります。ご理解頂けましたらと存じます。

縫製は海外ですか?国内ですか?

私共バルコン入間店では長崎県と青森県にございます自社工場にて手間を惜しまず200工程以上を経て丁寧に縫製致しております。縫製の前段階の製図・裁断は最新鋭のCAD・CAMを駆使し、型紙も出さずにミリ単位で正確にカットしていきます。お仕上がり寸法も正確でございますのでどうぞご安心下さいませ。

スーツに関係するものは全て揃うのかな・・・

スーツ・ジャケットやコート以外のお取り扱い品はオーダーシャツ・ネクタイ・手縫いのベルトとなります。シューズやバックはお取り扱い致しておりませんのでご了承下さいませ。

お仕立て券はできますか?

はい。おかげ様で私共では結納返しやプレゼント用のご依頼も大変多いためご用意させて頂いております。オーダースーツ用に加えオーダーシャツ用も人気でございます。お気軽にお申し付け下さいませ。

支払い方法はどうなっていますか?

ご注文時に一括払い又は内金を総額の半分、残金はご納品時とさせて頂いております。

各種クレジットカード(Diners・AMEX・VISA・JCB・MASTER etc.)もお取り扱い致しておりますのでご利用下さいませ。

注文後どのくらいで仕上がりますか?

通常は3週間を予定致しておりますが時期により大きく変動致します。自社工場の状況によっては2週間ほどでお納めできる場合もございますし、逆に混み合いますと1ヶ月半ほど納期を頂く場合もございます。私共では工程数を減らしたラインを採用することは致しておりませんので何卒ご了承下さいませ。

どのあたりから来店していますか?

埼玉県を中心に「ご紹介」と「ホームページ」により、東京都、神奈川県、千葉県等関東一円よりご来店頂いております。

「ご来店地域ランキング」 ①東京23区 ②入間市 ③さいたま市 ④所沢市 ⑤横浜市

※最近横浜市からのご来店もとても多いです。遠方よりありがとうございます!

他に埼玉県ですと狭山市、飯能市、所沢市、日高市、川越市、坂戸市、秩父市、横瀬町、越生町、毛呂山町、鶴ヶ島市、ふじみ野市、富士見市、三芳町、新座市、和光市、朝霞市、志木市などがからのご来店が多いです。

東京23区ですと豊島区、練馬区、板橋区、中野区、杉並区、北区、足立区、葛飾区、新宿区、渋谷区、世田谷区、目黒区、大田区、品川区、港区、千代田区、文京区、台東区、中央区、江東区、墨田区、荒川区、江戸川区からご来店頂いております。

東京市町村ですとあきる野市、青梅市、瑞穂町、八王子市、立川市、西東京市、羽村市、日の出町、福生市、昭島市、武蔵村山市、東大和市、清瀬市、東村山市、小平市、国分寺市、東久留米市からご来店頂いております。

横浜市ですと鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、港南区、保土ケ谷区、旭区、磯子区、金沢区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区からご来店頂いております。

About Valcon

バルコンについて

バルコンについて
バルコンについて

『バルコンはどの店舗に行っても同じなの?』
おかげ様で埼玉県内に留まらず、都内や横浜方面の皆様からも最近よくお問い合わせを頂いておりますためこのページを作成させて頂きました。結論から申し上げますと「同じではございません。」

前提と致しましてバルコンは店舗ごとに運営会社が異なりますため、お取り扱いブランドやポリシー、採寸方法や縫製方法等がそれぞれ異なります。一部バッティングするブランドなどもございますが品種やラインナップ、例えば「新柄400種フルラインナップ」なのか「数色のみ展開」なのかなど、具体的に詳細な内容を把握してからご検討頂きませんと「同じだと思って行ったのに・・・」と想定外の結果になりかねません。実際このサイトに記載させて頂いております内容も私共「バルコン入間店」独自のものとなります。少々乱暴な表現になりますが「バルコン本部に加盟しているため看板が同じ」ではございますが中身は異なります。

何より重要なのは、各店舗のサイトをご覧頂きました際に感じられる「店長の個性」や「どういった属性のお客様に支持されているか」かと存じます。ここが一致しませんとご一緒にスーツ作り上げていくプロセスで不安が生じるのではと感じるからでございます。それぞれのサイトをよくご覧頂きました上でご共感頂けました店舗をお選び頂けますと良いかと存じます。
最近は初めてご来店賜りました方より「似通った言葉遣いだからどこでも同じなのかと思った」「どっちが真似しているの?」などと伺うことも増えておりますが、私が他のバルコン店のサイトの「文言や表現方法」などを真似ることは一切ございません。拙い文章で恐縮ではございますが、自分なりの言葉や表現方法で皆様にお伝え出来ますよう一生懸命記載させて頂いております。

私共バルコン入間店は「ゼニア・カノニコを破格のプライスでフルラインナップ」させて頂いております。長年に渡り生地の物性や縫製方法、各コレクションの特徴や耐久性等膨大なデータを蓄積してまいりました。幾度となく改善と研鑽を繰り返しながらようやく最近その本質が少し分かりかけてきたように思います。

今後も卑怯なことはせず真っ直ぐに仕事に取り組み、皆様の信頼を得られますよう努めてまいりたいと思います。

top